子どもの権利条約

子どもの権利条約って知ってる?

『子どもの権利条約』は、「子どもにとって一番いいことは何なのか」「みんながしあわせに生きていくために、大人はどうしたらいいか」ということを、世界中の国の人が集まって考えた約束です。そして1989年に、この約束をまもることを世界中の国で誓いあいました。日本でも、1994年にこの 条約をまもることを決めました。

だれのためにあるの?

世界中のすべての子ども(17さいまでの人)のためにあります。まずしい国や戦争のおこっている国の子どもだけでなく、日本に住んでいるみんなのための約束でもあります。

どんな約束が書かれているの?

子どもの権利条約の条文は、54の約束が書かれています。大きく分けて4つの権利があります。

(1)生きる権利
防げる病気などでいのちをうばわれないこと
病気やけがをしたら治療を受けられることなど
(2)育つ権利
教育を受け、休んだり遊んだりできること
考えや信じることの自由が守まもられ、自分らしく育つことができることなど
(3)守られる権利
あらゆる種類の虐待や搾取、などから守られること
障害のある子どもや少数民族の子どもなどは特に守られることなど
(4)参加する権利
自由に意見を表したり、集ってグループをつくったり、
自由な活動を行ったりできることなど

(参照:日本ユニセフ協会

♦エピソード1 はじめに
クリックして開く
♦エピソード2 “権利 ”ってなんだろう?

クリックして開く

Page Top