チャイルドラインとは

子どもの声を聴き、こころを受けとめる活動を中心として行っています。
この活動は、皆様からの支援やボランティアに支えられています。
そして、私たちだからこそ知りうる子どもたちの現状を社会へと情報発信し、
子ども達をとりまく環境の整備を働きかける行動もしています。
チャイルドラインは子どもの権利条約に基づく子ども観のもと、
子どもの生きやすい社会を目指しています。

チャイルドライン相関図

チャイルドライン活動

子どもの気持ちを聴くことで、子どもが自分で考え自立することを支援します。
チャイルドラインは、問題の解決を目的とせず、子どもの「気持ち」を聴くことを大切にします。心の叫びになかなか耳を傾けてもらうことのなかった子どもが、チャイルドラインをきっかけとして、自ら歩みだすこともあるかもしれません。また、話を一所懸命に聴いてもらった経験は、次に困難な出来事に出会ったとき、誰かに言ってみようかなという気持ちを起こさせるかもしれません。わたしたちは、子どもたちにとって、ホッとできる「こころの居場所」となるよう活動しています。

フリーダイヤル事業
(電話相談)

  • 18歳までの子ども専用
  • 全国共通フリーダイヤル 0120-99-7777
  • 実施時間 毎日16時~21時
  • 子どもからの着信は年間20万件
  • 約2000人のボランティアが交代で電話を受けています
  • ボランティアは継続的な研修を受け、子どもと向き合います
  • 子どもの声を社会に発信します

オンラインチャット相談
(試行)

社会状況の変化により、子どもたちが親しんでいるコミュニケーションのツールが電話からメールやSNS、LINEなどに変化しました。また、多くの子どもから、「話し声が聞こえてしまうから電話はかけにくい」など電話以外のツールでの相談を求める声が寄せられています。
チャイルドラインでは、電話と似た双方向のコミュニケーションができる「チャット」システムを使い子どもからの相談を受ける試行をはじめました。

子どもへの「4つのやくそく」

チャイルドラインは子どもたちが安心して相談できるように子どもに「4つの約束」をしています。

ヒミツはまもるよ・・・子どもが安心して話をできる場を提供するため、話の内容をそのまま第三者に伝えることはしません。

どんなことも一緒に考える・・・特別な悩みだけでなく、どんな些細なことでも一緒に考えることを約束しています。

名まえは言わなくていい・・・お互い匿名で相談することで、子どもが安心して話をできると考えています。

切りたいときは電話を切っていい・・・話をするかどうかは子どもが主体的に選択できます。

「子どもの話を聴く」ということ

~子どもは同じ社会を構成する対等なパートナー
子どもの話を聴くとき、主人公は子どもです。子どもが安心して話ができるように、お互いに名前などの個人情報は明かしません。子どもを一人の人間として受けとめることで、子どもの目線に立ってものごとを理解し、子どもの主体性を尊重し、大人の考えを押し付けないように気をつけて話を聴いていきます。
子どもがもともと持っている自己解決力を信じ、話を聴いていくことで、子ども自身が気持ちを整理できることもあります。誰かに話をすることで気持ちが軽くなったり、次の一歩を踏み出せるようお手伝いしています。

自己肯定感を高めるアウトリーチプログラムの提供

子どもたちと直接関わり、いじめや自殺などを予防するアウトリーチプログラムの開発、実施に取り組んでいます。
子どもたちが自分の感情に気づき、他者との違いを認め良好なコミュニケーションが取れるようになることや自己肯定感を高め、いじめや自殺の予防に寄与することを目指しています。

自己肯定感(自尊感情)

自分のあるがままの姿を受けとめ、「自分は大切な存在だ」と心から思える、自分のことを肯定的にとらえられる感情のことで、英語の「セルフエスティーム(Self-esteem)」を訳したものです。

日本の子どもや若者は諸外国と比べ、自己肯定感が低いという調査結果があります。また自己肯定感が低いことがいじめや自殺念慮へ影響していると考えられるため、子どもたちの自己肯定感を高めることは教育課題にもなっています。

(内閣府「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査(平成25年度)」
http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h26honpen/tokushu_01.html

(文科省「子どもの発達段階ごとの特徴と重視すべき課題」子どもの発達段階に応じた支援の必要性)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/053/gaiyou/attach/1283165.htm

チャイルドラインのミッション・理念

「子どもが主体の、子どもの最善の利益を実現するために、電話による心の居場所をつくり、受けとめた声を基に子どもが生きやすい社会をつくる。」というミッションを掲げ活動しています。
また、活動は「子どもの権利条約」の理念・精神を基本として行います。特に第3条にある「子どもの最善の利益」を一番に考えています。(「子どもの権利条約」は1989年に国連で採択された国際条約で、日本は1994年に批准しています。)

チャイルドラインから見える子どもたちの今

チャイルドラインには毎年20万件以上の電話がかかってきます。そのうちコミュニケ―ションのとれた68,000件(2016年)の内容は話し相手を求めるものから深刻な悩みまでさまざまです。

  • うれしかったことを誰かに聴いてもらいたい
  • 自分の気持ちを確かめたい
  • 混乱した感情を整理する
  • 抱えていることを話してホッとする
  • 親や先生に言えない深刻な悩みを誰かに相談したい
2016年度 一日あたり
発信数 563,948件 1,571件
着信数 209,243件 583件
かけた人数 263,069人 733人
つながった率 79.5%
会話成立 58,686件 163件
全体
話を聴いてほしい 41,053件 70.0%
答えが欲しい 10,071件 17.2%
誰かとつながっていたい 2,744件 4.7%
お試し 3,031件 5.2%
社会資源情報を求める 108件 0.2%
実際に動いて欲しい 50件 0.1%
チャイルドラインについて 320件 0.5%
その他 1,309件 2.2%
合計 58,686件

主訴上位10項目は以下の通りです。(その他詳しくはこちら)

主訴上位10項目
人間関係 20.5%
性への興味関心 14.1%
雑談 11.4%
心に関すること 9.5%
いじめ 6.1%
恋愛 5.3%
身体に関すること 4.7%
進路・生き方に関すること 3.3%
成績・勉強 3.2%
虐待 2.6%
その他 19.3%
主訴グラフ

わたしたちの社会的責任(アドヴォカシー社会発信事業) ~子どもの生きやすい社会をめざして

子どもの「声」から気づいたことを社会に発信し、子どもの育つ環境が整うことを目指します。
子どもたちの「声」からは、さまざまな大人の姿や、社会の歪みが見えてきます。子どもの声を聴く大人の責任として、そこから見える子どもたちの状況を社会に伝えていくことは、チャイルドラインのもうひとつの大きな役割です。子どもが豊かで幸せに生きることのできる社会をつくるために、子どもの現状を伝え、子どもをとりまく環境の何が問題なのか、社会をどのように変えていく必要があるのか問題提起していきます。

〈分析・報告書〉

  • 被災地からの電話の分析「東日本大震災子どもたちへの影響」(2014)
    チャイルドラインに寄せられた被災直後から4年間の子どもの声の記録と現地からのレポート。被災地や避難先からの子どもの声から考えさ せられることの多さに驚きます。そして、そのことをわたしたちは伝え続けます。被災地の子どもたちの震災はあの日に始まり、まだ終わっていません。
  • 子どもの声の分析プロジェクト(2016)
    ~自己肯定感が育ちにくい今の社会を子どもの声から考える
    数値上のデータから見えるものと、電話の現場に身を置いているからこそとらえられる感覚を大切に、今の日本の子どもたちの最も重要な SOSの絞り込みを行うこと目的とし、2014年の子どもの状況をデータ分析しました。
  • 子どもの貧困に関する調査分析(2016-2017)
    子どもの6人にひとりが相対的貧困であるとの発表を受け、チャイルドラインにかけてくる子どもと貧困の相関性、また、その子どもたちの声 から、必要とされている支援について考えていきたいと思います。現在データを集積中です。(2017年7月現在)

〈社会への働きかけ〉

  • チャイルドライン支援議員連盟(超党派)との協働
2014年5月14日
「県外避難の子どもたちはいま・・・」
原発避難により福島県から他県へ避難している子どもたちの現状についての勉強会
2014年11月7日
「ストップ!子どもへの暴力」
子どもすこやかサポートネットと連携し、体罰を含む暴力禁止法制化の必要性についての勉強会
2017年3月29日
「SDGs(持続可能な開発目標)」を念頭にした日本の子どもに関係する取り組みついて勉強会を開催(2017年3月29日)。内閣府・厚生労働省・文部科学省・外務省の関係部署へのヒアリングを行った。

引き続き、子どもの生きやすい社会を作るため、2016年1月発効したSDGs(持続可能な開発のための2030アジェンダ)に盛り込まれた17の目標に向かって、日本の子どもたちが取り残されないようしっかりと政策に盛り込まれるよう働きかけをしていきます。

チャイルドラインのしくみ

チャイルドラインは電話実施団体とチャイルドライン支援センターの協働で行っている事業です。現在全国40都道府県に70の電話実施団体があります。電話を受けるのは「受け手」と呼ばれるボランティアです。団体はそれぞれボランティアを募集、養成し、交替で全国の子どもからの電話を受けるしくみです。また、実施団体は地域の子どもたちにチャイルドラインを周知する広報活動も同時に行っています。一方、チャイルドライン支援センターは、フリーダイヤル事業の運営、管理を行っています。また、全国のチャイルドラインの電話相談の質がより向上していくよう全国研修を企画運営し、子どもの生きやすい社会の実現のための社会発信を行います。そして、チャイルドラインの名称は、目的外に使用されないよう商標登録されており、チャイルドライン支援センターが商標管理をしています。

全国各地のチャイルドライン

法人概要

名称 特定非営利活動法人チャイルドライン支援センター(認定NPO)
(英語表記 Childline Support Center Japan)
所在地 〒162-0065 東京都新宿区住吉町8-5 曙橋コーポ2階
設立 1999年(平成11年)1月14日
法人格取得 2001年(平成13年)5月17日(内閣府)
認定取得 2016年(平成28年)2月25日(東京都/認定番号:27生都地第1856号)
事業報告
2017年度 PDF平成29年度 こどもが幸せに暮らせる社会を作る活動 JKA補助事業
2016年度 PDF平成28年度 こどもが幸せに暮らせる社会を作る活動 JKA補助事業
2015年度 PDF平成27年度 こどもが幸せに暮らせる社会を作る活動 JKA補助事業
2014年度 PDF 2013年度 PDF
決算報告
2017年度 PDF 2016年度 PDF 2015年度 PDF 2014年度 PDF 2013年度 PDF
事業計画
2018年度 PDF

世界のチャイルドライン

子どものためのホットラインの活動(チャイルドヘルプライン)は、現在147の国や地域で実施されています。世界各地のチャイルドヘルプラインをネットワークしている「Child Helpline International (CHI)」に、日本のチャイルドラインも参加しています。

企業・他機関との連携

補助:
  • 厚生労働省「自殺防止対策事業」
助成:
  • 日本財団「子どもの未来応援基金」
  • JKA 「競輪補助事業」
後援(2018チャイルドライン全国キャンペーン):
  • 内閣府、文部科学省、厚生労働省、総務省
  • 公益社団法人 日本小児科医会
  • 公益社団法人 日本医師会
  • 社会福祉法人 全国社会福祉協議会
  • チャイルドライン支援議員連盟

Page Top