• 救われた、と思うとき、人は誰かと話している。
  • 先生、僕が死んだらやっぱり、いじめは無かったって言うんですか。
  • つながりにくい電話がある。助けを求めている子どもたちがいる。
  • 子どもは、ストレスをお金で解決できない。

チャイルドラインは、子どもの話を聴くとともに、
子どもの話に耳を傾ける大人を増やし、
電話から見える子どもの現状を広く社会に発信していくことで、
子どもが生きやすい社会の実現をめざしています。

チャイルドラインおよび、チャイルドライン支援センターへの日ごろのご支援に 厚く御礼申し上げます。

〇2020チャイルドライン年次報告 (2019年度の活動報告)

〇「新型コロナウィルス感染症」に関連した子どもの声(事例とデータ速報)
公表に関するお知らせのページへ

新型コロナウイルス感染予防のため、チャイルドライン支援センター事務局はテレワークをする場合があります。
各種お問い合わせについては下記のメールアドレスへご連絡ください。順次対応させていただきます。
(会社名、お名前、ご連絡先、電話番号、ご用件をご記入ください。メールまた は電話でご連絡をさせていただきます。)
Email :info@childline.or.jp

チャイルドライン支援センター

チャイルドライン
支援センターについて

子どもたちの「気持ち」を聴き、
受け止めることが活動の中心です。
子どもたちの現状を、
社会へ発信する役割も担います。

寄付によるご支援のお願い

あなたのご寄付で救われる
子どもがいます。
1人でも多くの子どもから電話が
つながるようにご支援が不可欠です。

ボランティア募集

ボランティアは一人ひとりの
子どもたちに寄り添う
かけがえのない立場です。

ポスターギャラリー

  • Facebook
  • Twitter
Page Top